gear-trip

道具と旅する

*

Mac OS X Yosemiteでも使えた!外付けHDD3TB HDC-LA3.0

      後で読む

HDDiMacの購入に伴い、外付けHDDも買い替えました。

私の外付けHDDの主な用途は、Time machineを利用したバックアップ、音楽ファイル、デザイン制作データなどの各種ファイル保存、そして写真の保管用です。

この中でもストレージ容量の大半を占めるのが写真データとなりますので、容量は3TBを購入しました。基本的な保存は外付けHDDへ、Mac本体には音楽ファイル以外はあまりファイルを置かないようにしようと思います。

iMac 3.0TB HDD I-O DATA HDC-LA3.0

これまで使っていた2TBのHDDは一度フォーマットし直してTV録画用へ使う事にします。
そして新たに購入した外付けHDDはこちら。

USB3.0対応、容量3TBで1万円ちょっと。安くなりましたね~。
で、ここでふと思った疑問。

 

3TBには何枚くらいの写真が保存可能?

容量あるある!っと思ってても実際に保存できる写真枚数など全く把握していません。あくまでも目安となりますがちょっと計算してみました。

3TBには約50万枚保存可能!

現在主流のデジカメは大体1500万画素~2000万画素程度だと思います。

例として、1800万画素の場合で計算してみます。
1800万画素のjpegファイルは、およそ1枚につき約6MB。
3TB=3000GB (正確には1TB=1024GBですかね)
3000GB=300万MB
300万MB÷6MB=50万

jpeg高画質で50万枚の保存容量です!ちなみにRawの場合で約12万枚。
プロカメラマンでない限り数年は持ちそうな容量ですね。

毎日200枚の写真を撮り続け約6年間は保存できる!

6年以上使う前にHDDを買い替えそうな気もしますが(笑)

さすがに趣味程度ですので毎日200枚も撮りませんし実質もっと長い期間使えるかなと思います。Rawで撮影した時は1枚あたり25MB程度になりますし、写真の他にも書類やイラストレーターファイル等が有るため、3TBはあった方が良いだろうという事で迷うことなく3TBを選択しました。

これまで2TBの外付けHDDを使っていましたが、4年目を迎えていたのでこちらはPC用としては引退し、TV用として活躍して頂きます。

「I-O DATA  HDC-LA3.0」は、Macに対応しているのか?

ここでもう一つの疑問。
Mac OS X Yosemite (10.10)でも使えるの?

これ一番重要ですよね。
I-O DATAのホームページでは、2015年9月時点でMac OS X 10.6~10.9と正式には対応をしていないようです。最近買ったばかりの我がiMacはOS X 10.10です。
(いずれにしても保障対応はwinのみ)

結果から申し上げますと「フォーマットすれば使える!」という結果でした。
1か月以上使用していますが、いまのところ何の問題もなく快適に使用できています。
※あくまでも個人結果ですので、ご使用の際は自己責任でお願いいたします。

 

早速設置してみる!

こちら商品外観です。 本体、電源アダプター、USBケーブルのセット。

I-O DATA HDC-LA3.0

安心の「MADE IN JAPAN」です

I-O DATA HDC-LA3.0-3

電源繋いでからMacの「ユーティリティフォルダ」よりフォーマットします。
作業は簡単で5分もかかりませんでした。

フォーマット方法についてはこちらのページを参考にしました。
パーティション方式の選択は各自の利用法に合わせて選択します。
フォーマット終了後、無事に認識されたのでHDDをMacの横に置いてみます。
青いランプが点灯中はUSB3.0で接続中の意味。緑色ランプだとUSB2.0という分かりやすい表示です。

 

I-O DATA HDC-LA3.0-2

 

まとめ

このシリーズで外観の大きさ、重さも変わらない2.0TBとは約2千円程度の差。
後々の事を考慮しても容量の大きい方を選んで損はないと思います。

 

USB3.0でデータ移行のスピードアップ!

iMac(OS X 10.10)でもフォーマットすれば問題なし

写真の保存用には3.0TBがオススメ

フォーマット後はTime Machineの再設定を忘れずに!

 

バックアップのバックアップ用にもう一台買おうと思っています。
2台体制なら1台吹っ飛んでも復旧するのに手間がかかりませんね。

その際は念の為、違うメーカーにしておくと良いそうです。
(同じ原因で2台同時の故障を防ぐ為)

2代目の候補はこれですかね。

データのバックアップは絶対に必要なもの。
なるべく資金をかけずに、必要最低限・大容量ならオススメの選択です。

 

 

 - Apple, デジモノ, 生活道具