gear-trip

道具と旅する

*

自宅で焼き鳥!イワタニ 「炉ばた焼器 炙りやⅡ」

      後で読む

自宅で本格的な焼き鳥がしたい!
そんな希望を叶えてくれる卓上型コンロを購入しました。

コンロやガスバーナーで有名なIwatani(イワタニ)から出ている「炉ばた焼器 炙りやⅡ」です。

炉ばた焼器 炙りやⅡ

これまでは、焼き鳥屋さんで買ってきてレンジでチンする。
または生肉の串を買って魚焼きグリルやフライパンで焼くなど。

いずれも焼き鳥屋のカウンターで出てくるような、あの香ばしい美味しさはありません。
それがこの「炉ばた焼器 炙りやⅡ」では、炭火で焼いたような香ばしい焼き鳥が再現できるのです!

 

本体の上にはステンレス製の網、串焼き用のフレームが付いています。
私は焼き鳥を網で焼くため、串焼き用のフレームは取り外してしまいます。(外した後も簡単に取り付けもできます)

 

油分は下に落ちていきますが、ホーロー製の受け皿があります。
ここにアルミホイルで内面をカバーし、水を入れて置く事でほとんど汚れることがなく片付けも楽ちん。

 

実際に焼いてみました。
串は大型スーパーの冷凍の串、それにお肉屋さんで買った鶏皮を自分で串打ちしました。

まるで焼き鳥屋さん!

このコンロは下部から炎が上がりますが、直接お肉に直火は届きません。
熱を受け止める板を介しているため、放射熱でじんわりとお肉に火を入れることができます。

直火を使わず、赤熱させた輻射版の熱で焼くので、ムラなくおいしく焼けます

岩谷産業のホームページにもある製品説明の通り、
まるで焼き鳥屋さんで味わえる、あの香ばしい炭火でやいたような焼き鳥を再現できるのです。

 

そこそこ煙がでますので、家であれば換気扇の下がおすすめ。
置き場所ですが、3口のガス火だと凸凹して安定して置けません。そのためウチは下にまな板をラップ巻きにして土台にしています。
IHのキッチンならフラットなので問題ありませんね。

屋外でももちろん使えますので、ベランダBBQやキャンプでも活躍しそう。
手軽に本格的な焼き鳥ができて楽しいです。もちろん焼肉や、海鮮焼きにも使えます。

自分で焼いた焼き鳥は最高に美味しい!

 - 生活道具, アウトドア