gear-trip

道具と旅する

*

人生初の新車納車!VEZEL HYBRID X ホワイト(ヴェゼルハイブリッド) Lパッケージ

      後で読む

コンパクトSUVでは2年連続国内販売第1位のHONDA VEZEL(ヴェゼル)。

VEZEL HYBRIDX-102

クーペの美しさとSUVの力強さ、ミニバンのような荷室を持つユーティリティ、SUVでは最高クラスの低燃費、程良い上質感を与えてくれる室内。

試乗した時からこれは良い!と思い、HONDAディーラーで発注してから約1ヶ月半。
いよいよ納車の日を迎えました。

ちなみに新車購入は人生で初めて!
このワクワク感、納車日は楽しみ過ぎてなかなか寝れませんでした。。

 

VEZEL HYBRID X ホワイト(ヴェゼルハイブリッド) Lパッケージ

選んだグレードはハイブリッドXの2WDです。カラーはホワイトオーキッドパール。

VEZEL HYBRIDX-16
ガソリン車 or ハイブリットと迷ったよ

同じグレード「X」の場合、ガソリン車とHYBRID車の価格差は38万円。

ちょっと調べたら、ある条件下での燃費計算上、ガソリン車との価格差を埋めるには十数万キロ走行しないといけないとかで。。
ですので単純にコストだけで選ぶならガソリン車になるかと思います。

VEZEL HYBRIDX-17

ハイブリットのメリットは、

内装がカッコ良い(特にセンターデッキコンソール)

燃費が良い為、スタンドへ行く回数が減る

乗り換え時(売却時)に高く売れる

所有感(初めてのハイブリット)

もしかしたら十数万km以上乗るかもしれない

地球環境に貢献(微々たるものかもしれませんが)

こんな私的な理由から、値段が少し高くてもハイブリットを選択しました。

以前はエクストレイル4WDに乗っていたのですが、街乗りがメインでした。時々スキー場や冬山の登山口へ行く程度。ですので今回も街乗りメインなので2WDです。(関東在住なので雪国ではありません)

グレードは「X」と「Z」で悩んだよ

決定打は意外にも内装ではなく、外装のタイヤガードの有無で決めました。
「X」はタイヤ上部に黒いガードがあるのでSUV感がすごく強調されていてカッコ良いのです。

VEZEL HYBRIDX-19
しかし「Z」はボディ塗装と一体化されており、スッキリとしている感じで良いのですが。ここは個人の好みでしょう。

外装は「X」の方が好みでしたし、価格も抑えられると思い「X」を選択。
どうしても欲しいと思ったのは、レザーコンビシートぐらいでしょうか。

そこでディーラー担当者に、
「Zのレザーコンビシートが良いですが、オプションありますか?」
と聞いたところ、このLパッケージを紹介された訳です。

 

Lパッケージとは?

色んなオプションがありましたが、Lパッケージには以下2つの内容が含まれています。
・Zと同じコンビシート (レザー+ファブリック)
・17inchアルミホイール

IMG_6545

シートは内装の上質感が一段と増しますし、常に体を預けている部分ですので、満足度が高い方が無難です。
ホイールは標準の16inchでも良かったのですが、パッケージに含まれているのでその気になるしかありません。
17inchアップで迫力あるSUV感で良いじゃないか!と思えば納得のパケージです。
(ちなみにVEZEL RSは標準で18inch)

Ⅼパッケージの価格はプラス10万円となります。

VEZEL HYBRID Xの外装

ボディの色はホワイトオーキッドパールです。
本当はシャトルに採用されている「ミッドナイトブルー」が希望だったのですが、当然無いとの事でホワイトにしました。

VEZEL HYBRIDX-14

※2017年7月にブリリアントシリーズが追加され、「ミッドナイトブルー」が登場していました!

pic_styling_bodycolor_11

これを知っていたら間違いなくこちらにしていたと思います。。

 

VEZEL HYBRID Xの内装

メーターパネル ・ハンドル

メーターパネルは、2017年モデルで一部変わりました。
ライトアップがシンプルになりましたね。

VEZEL HYBRIDX-6

 

運転中はグリーンカラー。ECONボタンONで葉っぱのマークが点灯します。

VEZEL HYBRIDX-8

 

SPORTSモード。7段シフトをマニュアルで操作するときはレッドカラー。
気分が燃えてきますね。

VEZEL HYBRIDX-7

 

ハンドル周り。本革ステアリング。
オーディオソースやハンズフリー電話、ACCの速度切り替えなど行えます。
ボタンがいっぱいで最初は難しかったですがすぐに慣れました。

VEZEL HYBRIDX

 

ハイデッキセンターコンソール

ハイブリットならではのシフト。実はこれに憧れていました(笑)
ハイブリット時代を体感できる新しい感じ、力がほとんど要らない指先でのコントロールが伝わります。

VEZEL HYBRIDX-2

 

エンジンスタートはプッシュボタン。ハンドル左側に付いています。
ハザードランプは、以前まで赤色ベースだったと思いますが、今モデルは黒ベースになっていました。
こちらの方がエンジンスタートボタンとの見分けもつきやすいのでGOODです。

VEZEL HYBRIDX-5

 

エアコン

静電タッチパネル式。プラズマクラスター搭載。
フィット等も同様のおなじみのパネル。運転席と助手席で温度設定を分けることができます。

VEZEL HYBRIDX-3

私は物理的なコントロールジョグダイアルの方が好みでしたが、まぁ慣れですね。
慣れてしまえば使いやすい。感度も調整できるので、タッチしても反応が鈍いなんてことは感じません。

 

ナビは純正ギャザズ8inch

ナビも相当悩みましたが、最初は社外品カロッツェリア8inchで考えていましたが、結果HONDA純正のギャザズ8inchに決定。
ホンダインターリンクナビが使えるのと、の見た目のスッキリさ。

VEZEL HYBRIDX-4
さらに細かい情報がメーターパネルに送られてくるのと、万が一の故障時に純正品の方が保証対応がスムーズです。
デメリットは値段が高い。。でも納車の状態を見れば満足です。

 

VEZEL HYBRID X  概要

全長×全幅×全高4295×1770×1605mm
最低地上高185mm(FF)/170mm(4WD)
ホイールベース2610mm
タイヤサイズ(前後)
<17inchの場合>
215/60R16 95H
<215/55R17 94V>
車両重量1320kg(FF)/1390kg(4WD)
室内寸法(長さ/幅/高さ)1930×1485×1265mm
荷室内サイズ
(高さ×最小幅×奥行)
900×1020×780mm
(2列目格納時 奥行き1640mm)
荷室容量393L
エンジン1.5リッター直4 i-VTEC+iDCD
トランスミッション7速オートマチック+パドルシフト
最高出力[エンジン]132ps(97kW)/6600rpm
最大トルク[エンジン]15.9kgf-m(156N・m)/4600rpm
最高出力[モーター]29.5PS(22kW)
最大トルク[モーター]16.3kgf-m(160N・m)/1313̶~2000rpm
動力主電池 種類リチウムイオン電池
燃料タンク容量(L)40L
JC08モード燃費23.4km/L(FF)/21.6km/L(4WD)

まずは300km程度を走行しましたが、アイポイントが高いのとコンパクトなボディで運転しやすいです。
坂道の加速も十分ですし、適度な乗り心地で大満足。特にナビは8onchで大正解。めちゃくちゃ見やすいです。

売った時のことを。。なんて考えてしまいましたが、長い長いお付き合いしたい愛車となりました。
ボディもホワイトオーキッドパールにして満足しています!夏は濃色ボディは暑いかもね。
ヴェゼルに乗って色々と絶景を長めにドライブに行きたいですね!荷室も広いのでキャンプ等のレジャー使いにも最高かと思います。

 

 - クルマ